ワキガ菌の正体「コリネバクテリウム属」

ワキガ菌 正体

今回の相談者は、主婦の令子。48歳。
今、令子が知りたいことは、「ワキガの正体」について

相談者ワキガ

ワキガ菌の代表格は 「コリネバクテリウム属」

皮膚の上で、汗と皮脂やタンパク質、アンモニアといったいろんな老廃物が混ざり合うと、常在菌が喜んで分解するんじゃ。

そうすると「コリネバクテリウム属」という細菌が誕生する。これが、ワキガ菌の代表格。

令子

はじめて聞くわね。

実際に、ワキガの人のワキを調べてみると、ジフテリア菌だとか、コリネバクテリウム属の細菌を確認することができる。

ただ、この原因菌は、アポクリン腺からの汗がないと生きていけんのじゃ。

令子

え?

じゃあ、ワキガじゃない人の体では、死ぬってこと?

その通り。

繁殖できずに死んでしまう。

それと、ついでに皮膚の常在菌についても、少し話そう。これは、みんなの皮膚にいる菌だが、「表皮ブドウ球菌」というんじゃ。

この菌は、エクリン腺からの汗が分解されて誕生する。

令子

つまり、ワキガの人と、そうでない人とでは、皮膚に住みついている細菌の種類が違うってことね。

このワキガ菌だけでも、死滅できないのかしら?

これら特定の細菌を死滅させることができれば、臭いはほとんどしない。

アルコール消毒でも細菌は死滅する。

ただ、細菌の繁殖力はもの凄く強いから、アポクリン腺から再び汗が出たら、3時間~7時間くらいで元に戻ると言われておる。

令子

じゃあ、常に殺菌し続ける必要があるってことね。

ただ、皮膚の常在菌は、ウイルスから体を守る役割もある。

何でもかんでも殺菌すればいいというものではない。その点は、腸内細菌と一緒なんじゃ。

だから、人間の体に必要な菌は守りながら、ニオイ菌を出来るだけ抑制する。ってくらいが体にとっては、いいんだよ。

ニー博士の豆知識コーナー

人間の皮膚は、最大の臓器

人間の体は「皮膚」は、体温を調節したり、水分を維持したりと、重要な役割をしておる。

「人体最大の臓器」と言われいて、皮膚の重さは、体全体の16%になるんじゃ。皮膚の一番外は「表皮」で、厚みはわずか0.2mm。それがさらに4つの層に分かれているんだが、その中でも最も重要な役割を果たすのが、一番外にあるたった0.02mmmの「角質層」なんじゃ。

角質層には大きく2つの機能がある。一つは、「保湿」、もう一つは異物が体内に入り込むのを防ぐ「バリア」機能じゃ。

皮脂を完全に落とすと、炎症を起こす

皮脂を洗浄能力の強い洗剤や、石けんで洗い落とすのは、注意が必要なんだ。

頻繁に洗浄を繰り返すと、皮脂膜がなくなって、皮膚の水分が蒸発する。そうなると、つやもなく、乾燥した肌になってしまう。

この状態が続くと、皮がむけて、かゆくなったり、ひびやあかぎれといった炎症を起こすことになる。

皮膚のバリア機能がなくなると、こんなことに?

皮膚の主な役割は、この2つ。

1.外からの刺激の侵入から身体の内部を守る。

2.体の中の水分が外に逃げていかないよう守る。

皮膚のバリア機能がなくなると、こんなことになる可能性があるんだ。

①雑菌が侵入する。②皮膚が乾燥する。③毛孔がつまる。④皮脂分泌が過剰になる。⑤かゆくなったり、かぶれる ⑥化膿する。⑦あぶらっぽく、かさつく。⑧シワができる ⑨アトピー性皮膚炎になる。

石油系の界面活性剤で作られた「ボディソープ」は大丈夫?

スーパーやドラッグストアには、皮脂や汚れを落としたり、殺菌、消臭効果の高い商品がたくさん並んでおる。

そこでひとつ注意してほしいのは、何で作られているのか?しっかり確認することじゃ。

洗浄剤の中には「石油系の界面活性剤」が入ったものがあるが、これは、ものすごく洗浄力が高く、皮膚のバリア機能まで奪ってしまうくらい、皮脂を根こそぎ落とすものもあるようじゃ。

そうなると、皮膚の本来の保湿機能、バリア機能がなくなり、皮脂が過剰に分泌されて、逆に体臭が強くなったりするんじゃ。

自分の体に何を使うと一番いいのかも考えながら、体を清潔に保つといいぞ。


【ニー博士開発】敏感肌、アレルギー肌、体臭、ニオイ悩みに応えたい。

市販のデオドラント商品だと刺激が強くて、敏感肌とか肌の弱い人は合わない人が多いんじゃ。

でも、だからと言って、何も対策しないとニオイが気になってしまう。

だから、天然由来成分だけで、肌に優しくて、赤ちゃんでも使えるものを開発したぞ。しかも、開発の依頼が来たのは、なんとボディビルダーなんじゃ。なぜかと言うと、彼らは、普段から筋肉を作るタンパク質を大量に摂取しておる。摂り過ぎると消化されない分が「アンモニア」になって、それがニオイになってしまうんじゃ。

詳しくは、この公式サイトで紹介しておるから、悩んでいる人は一度見てほしい。