頭を1日2回洗うと、臭くなる理由

頭洗い過ぎは臭くなる

今回の相談者
主婦の美咲。35歳。

今、美咲が気にしていることは、「私の頭、もしかして匂う?」

相談者美咲

ニー博士、最近自分の頭からニオイが出ている気がして・・・

頭の洗い過ぎが、ニオイの原因に

よくあるのが、頭の洗い過ぎなんじゃ。

朝と夜、1日2回シャンプーしている人は、頭皮の脂を落としすぎている可能性がある。

そうなると、頭皮が乾燥してしまい、余分な皮脂が分泌されて、ニオイに繋がるんじゃ。

頭皮臭は、洗い過ぎも良くないし、洗わないのも良くない。適度に洗うってのが、ポイントだから、コントロールが難しい。

相談者美咲

あ、それ、私かも・・・

頭が匂う理由は、頭皮の脂が、雑菌のエサになってしまい、分解されてニオイになっているんじゃ。

だから、この皮脂をうまくコントロールすることが大事なんじゃ。

人間の身体に皮脂は絶対に必要なので、お湯で洗うくらいが本当は望ましい。

ただ、そうなると、しつこい汚れが落ちにくかったりもする。

だから、頭皮を清潔に保ちながら、うるおいはキープしておく。という感覚を覚えておくといいぞ。

相談者美咲

なんだか難しいバランス…

1日2回シャンプーしている人は、朝はお湯だけで洗うことを試してみるといい。

お湯だけでも十分に汚れや、余分な皮脂は落ちる。1週間くらいやると実感できると思うぞ。

ニー博士の豆知識コーナー

フケが多いと、頭が臭くなる理由

まず、フケができる原因から話をしよう。考えられるのは、洗浄力の強い石油系界面活性剤の入ったシャンプーで何度も洗っているのが、原因のひとつ。

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮に必要な油分まですべて洗い流してしまうから、頭皮が乾燥して、本来の新陳代謝ができなくなってしまっているんじゃ。

目に見えるくらいの大きなフケは、その成熟しきれていない頭皮が、予定よりも早く剥がれ落ちてしまっているものなんだよ。通常は、目に見えないくらい小さなフケなんだ。

じゃあ、なぜ、このフケが多いと、頭が臭くなるのかと言うと、頭皮にいる雑菌のエサになってしまい、脂肪酸がたくさん出るのが理由なんじゃ。

その雑菌の正体は「マラセチア菌」といってフケの原因菌になっている。

頭皮の環境が悪くなると、この「マラセチア菌」が出す脂肪酸を分解してくれる常在菌が不足してしまう。

そうなると、ニオイが強くなってしまうということなんだよ。大事なことは「必要な皮脂を残す」ことと「必要な常在菌を残す」こと。この2つのバランスが大事なんじゃ。

頭のニオイは、常在菌が解決する

頭のニオイが気になる人は、頭皮環境が乱れていることが多い。

どういう状態かと言うと、本来いるべき「常在菌」がいない、もしくは不足している状態が考えられるんじゃ。

ニオイが少ない健康な頭皮環境は、余分な皮脂やフケを「マラセチア菌」が食べる。

食べたら「脂肪酸」が出る。

その脂肪酸を「常在菌」が分解する。

っていうリレーが出来ているんだが、最後のアンカーである「常在菌」がいないと、脂肪酸がどんどん増えて、ニオイが発生するっていう仕組みなんじゃ。

だから、「マラセチア菌」が悪いわけではなくて、必要な常在菌が足りないってのが、問題なんだよ。

界面活性剤の入った洗浄力の強いシャンプーや、殺菌力の強いものは、本来頭皮にいなきゃいけない常在菌までも、殺してしまっている可能性がある。

そういった化学物質に弱い常在菌と、強い常在菌がいるんだが、弱い常在菌が全滅しているかもしれんのう。

だから、朝はお湯で洗う程度に抑えるか、洗浄力の弱い頭皮に優しいシャンプーで洗うか、何か対策が必要なんじゃ。

頭のニオイは、お湯が解決

頭が匂う人は、本来いるべき常在菌がいない環境になっていることが多い。

つまり、必要な菌をシャンプーやリンス、コンディショナーで殺してしまっていることが考えられるんじゃ。

菌がニオイを生み出すのも事実なんだが、菌が生み出す「脂肪酸」を食べるのも菌なんだよ。

だから、ワシが実践しているのは、朝はお湯で頭を洗うってことなんじゃ。

シャンプーは夜の1回だけで、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーをつかっておる。これで十分なんじゃ。

殺菌・消臭・除菌・抗菌っていう商品がバカ売れする時代なんだが、その落とし穴が「菌の不在」なんだ。

これは、有名な話だから聞いたことあるかもしれんが、あの人気俳優「福山雅治さん」も「お湯洗い」を実践しているようじゃ。

本人に直接きいたことがないから、もしかすると噂話かもしれんが、福山さんも常在菌の働きのことをよく理解しているのかもしれんのう。

ニオイを気にして「菌」を殺していたのに、それが仇になってしまっているのが、この殺菌ブームが生んだ落とし穴かもしれんのう。