消臭の原理は、この3つだけ

消臭の原理

今回の相談者は、サラリーマンの修二。51歳。
今、 修二 が知りたいことは、「加齢臭が消えるメカニズム」について

相談者50代
相談者50代

消臭剤の消臭メカニズムって、商品によって違うと思いますが、何種類くらいあるんですか?

1つ目「吸着」

世の中の消臭剤には、空間用、人体用いろいろあるんだが、そのほとんどは、3つのどれかに当てはまるぞ。

まず1つ目「吸着」
これは、代表的なものとして、活性炭がある。表面積が大きいことを利用してニオイ分子を「吸着」させることによって消臭しているんじゃ。

活性炭では、表面からの引力によって、気体または液体の中の分子が、引きつけられることで「吸着」が起こるんじゃ。吸着した成分は、そのままのかたちで活性炭の中に残る。

相談者50代

実家の冷蔵庫に入ってましたよ。懐かしい!

2つ目「分解・除去」

2つ目は「分解・除去」

化学反応を起こすことによって、ニオイ成分を分子レベルで分解する方法なんだが、お茶に含まれるポリフェノールや、重曹、クエン酸にも化学的な消臭の働きを持っているものがある。

それと、「光触媒」のオゾンや、紫外線、酸化チタンを使ったニオイ分子の分解もある、これらはニオイ分子を除去しながら、ニオイを発生させる微生物を殺菌する効果もあるぞ。

相談者50代

紫外線がニオイを消すって、知らなかったなあ。

3つ目「マスキング」

3つ目は「マスキング」

これは、不快なニオイを、心地よい香りで、覆い隠すやり方なんだが「マスキング」と言うんじゃ。人間の嗅覚は、優先順位のようなものがあり、不快なニオイより、心地よいニオイを先に感知するので、消臭された感覚になっているだけなんじゃ。

市販されているものは、ニオイの元であるニオイ菌を殺菌しながら、香料でマスキングするものがほとんどかもしれんのう。

ニー博士の豆知識コーナー

ニオイ分子を吸着する「活性炭」が凄い

活性炭と聞くと、冷蔵庫だとか、靴箱に入れる「脱臭剤」をイメージすると思うが、あれは石炭だとか、ヤシ殻を原料として、高温でガスや薬品と反応させて作ったものなんじゃ。

微細孔といって、1ミリの100万分の1くらい小さい穴を持つ炭素のことなんじゃ。

この肉眼では見えないくらい小さい穴は、炭素内部に網目状になっていて、無数にあるから表面積が大きくなる。

想像しにくいと思うが、1グラム当たりの表面積は、300~500㎡くらいあるとも言われておる。この構造を利用してニオイ分子を「吸着」させて消臭しているって訳なんだよ。

浄水フィルターの「活性炭」の原理

浄水フィルターにも「活性炭」が使われたものがあるが、水を通すと、不純物が小さい穴に入って出られなくなる。

つまり不純物を吸着しているから、水がきれいになるって原理なんじゃ。活性炭は、一度吸着した成分は、そのままのかたちで活性炭の中に残る性質があるから、定期的に交換した方がいいのは、それが理由じゃ。

活性炭の凄さ、分かったかのう?


【LINE 好評配信中】体臭改善レシピ「和食」

体臭改善レシピ

加齢臭、腋臭、40代臭、50代臭の原因のひとつである「脂質」「タンパク質」「糖質」を抑えた体臭改善レシピを、LINEで配信しておる。

デオドラントではなかなか改善できない「体の内側」にアプローチして、ニオイの原因を元から作らないようにするのが目的なんじゃ。

脂質や糖質を抑えるから、ダイエットやメタボ対策にも効果を発揮するぞ。簡単に作れるものばかりだから、料理が苦手な人でも、ぜひ試してほしい。