加齢臭には「無香料」が良い理由

加齢臭 無香料

今回の相談者は、サラリーマンの修二。51歳。
今、 修二 が知りたいことは、「加齢臭を消す方法」について

相談者50代
相談者50代

ニー博士、加齢臭と「甘い香りの香水」を合わせると、臭くなるって聞いたんですけど、ホントですか?

甘い香りは、加齢臭との相性が悪い

加齢臭を誤魔化そうとして、香りの強いシャンプーや、ボディソープを使うのは、かえって逆効果になることがある。

その香りが、汗だとか体臭と混ざって、さらに不快なニオイに、変化してしまう可能性があるからなんじゃ。

特に、甘い香りは加齢臭と混ざると、状態を悪化させてしまうから、一番おススメしたいのは、無香料タイプ。体臭をリセットできるぞ。

相談者50代

無香料って買ったことなかったなあ・・・

おススメ順 ①無香料 ②微香性 ③柑橘系

もし、どうしても香りを付けたい場合は、微香性のものにするか、加齢臭と相性がいい、甘すぎないサッパリとした「柑橘系の香り」くらいなら大丈夫。

マスキングって聞いたことがあるかのう?嫌なニオイを、香料で覆い隠すことを言うんだが、ニオイと匂いが混ざると「ブレンド臭」といって、人間には不快に感じるニオイに変化する。

相談者50代

臭いニオイと、別の強い香りが足されると、確かに強烈になりそうですね。

加齢臭を別の香りで誤魔化さないで、加齢臭の元を絶つ努力をする。

つまり、脂質や糖質を抑えた「和食」と、ウォーキングのような「有酸素運動」、ストレスをためにくい「メンタル」を意識する方が、効果的なんじゃ。

ニー博士の豆知識コーナー

加齢臭が「ウォーキング」で改善する理由

「セロトニン」って聞いたことがあるかのう?

別名「幸せホルモン」と呼ばれているんだが、ウォーキングをするとこの「セロトニン」が分泌されることが分かっておる。

脳の中でこの「セロトニン」が伝達されると、リラックスした状態になって、ストレスを感じさせない「幸せホルモン」が生まれる。

逆に、この「セロトニン」が不足した状態が続いてしまうと、強いストレスを感じるようになってしまい、加齢臭を悪化させる可能性があるんじゃ。

加齢臭のしない人は、ストレス知らず?

加齢臭は、40代になると始まるのはごく普通のことなんだが、個人差があるのも事実。50代になっても加齢臭がしない人は、ストレスをためないようにするのが上手い人かもしれんのう。
それと、ウォーキングは、疲労物質が溜まりにくくなる効果も期待できる。「第2の心臓」とも呼ばれるふくらはぎの筋肉が収縮されると、ポンプのように血液を送り出すことができる。そうすると血の巡りがよくなって、疲労臭の原因物質が溜まりにくくなるってことなんじゃ。


【LINE 好評配信中】体臭改善レシピ「和食」

体臭改善レシピ

加齢臭、腋臭、40代臭、50代臭の原因のひとつである「脂質」「タンパク質」「糖質」を抑えた体臭改善レシピを、LINEで配信しておる。

デオドラントではなかなか改善できない「体の内側」にアプローチして、ニオイの原因を元から作らないようにするのが目的なんじゃ。

脂質や糖質を抑えるから、ダイエットやメタボ対策にも効果を発揮するぞ。簡単に作れるものばかりだから、料理が苦手な人でも、ぜひ試してほしい。