天然の殺菌・消臭成分リスト

天然消臭成分

今回の相談者は、サラリーマンの修二。51歳。
今、 修二 が知りたいことは、「加齢臭が消える成分」について

相談者50代
相談者50代

ニー博士、体を洗うボディソープは、何を使えばいいですか?

加齢臭専用の石鹸や、ボディソープには、いろんな有効成分が入っているが、その中でも、化学物質ではなく、体に優しい天然素材を紹介しよう。

相談者50代

はい!お願いします。

体に優しい「天然」の消臭成分

① 柿渋(かきしぶ)
消臭、抗菌効果が期待できる。渋柿の果実で作られていて、柿タンニンがたくさん含まれておる。


② 月桃(ゲットウ)
消臭効果が期待できる。ショウガ科の多年草で、ポリフェノールをたくさん含んでいて、緑茶の44倍とも言われておる。

③ 竹炭
殺菌・抗菌効果が期待できる。竹炭は、小さな穴が無数にあって、それがニオイ物質を吸着する働きを持つとされておる。

④ ポリフェノール
酸化を防いだり、消臭効果が期待できる。皮脂の酸化を防ぎながら、ニオイ物質自体も取り去るという2つの効果があると言われておる。

⑤ 茶カテキン
消臭効果が期待できる。ポリフェノールの一種で、タンニン酸といった有機酸が含まれていて、酸化還元反応によって消臭効果を発揮する。

⑥ マリンシルト
洗浄効果が期待できる。沖縄の海底にしか存在しない極めて細かい粘土状の粒子で、吸着力が高いんじゃ。だから、皮脂汚れを落としてくれたり、イオン化合物も入っているから、洗浄効果も発揮する。

⑦ ムクロジエキス
洗浄、抗菌効果が期待できる。ムクロジという木の実から採れるエキスで、天然の界面活性剤と言われるムクロジサポニンを含んでおる。洗浄効果が高くて、抗菌作用もあるぞ。

⑧ モンモリロナイト
洗浄効果が期待できる。粘土鉱物の一種で、油脂分を吸着する性質があるから、昔は洗濯に使う粉として、使われていたという話もある。

商品を探すときは、できるだけ自然素材のものがおススメじゃ。何が入っているのかしっかり確認して、いろいろ試してみるといいぞ。

ニー博士の豆知識コーナー

日本も、天然成分100%の時代に

アメリカやヨーロッパは、オーガニックのものや、天然素材100%の商品がたくさんあるんだが、日本でも最近、少しずつ出回るようになってきたのう。

これまで日本は、生産効率や利益を上げるために、いかにモノを大量に安く生産するか、そして大量に消費して、大量に廃棄するといったことを繰り返してきた。

プラスチックごみの「環境問題」と、化学物質の「健康リスク

だが、ここにきてようやく、プラスチックごみの「環境問題」だとか、化学物質の入った商品を使い続ける「健康リスク」が注目されるようになってきたんじゃ。

ワシも長年、ニオイ研究をしてきたが、日本はアメリカに比べて、化学物質の入った商品の規制や、健康リスクの動きは、かなり遅れている印象がある。

アメリカが2016年に「使用禁止の殺菌剤リスト」を発表した時も、日本ではその成分が入った商品が普通に売られていたんじゃ。

だから、何が使われているか?自分の目で見て、確かめる。自分の体は自分で守る意識が必要かもしれんのう。


【LINE 好評配信中】体臭改善レシピ「和食」

体臭改善レシピ

加齢臭、腋臭、40代臭、50代臭の原因のひとつである「脂質」「タンパク質」「糖質」を抑えた体臭改善レシピを、LINEで配信しておる。

デオドラントではなかなか改善できない「体の内側」にアプローチして、ニオイの原因を元から作らないようにするのが目的なんじゃ。

脂質や糖質を抑えるから、ダイエットやメタボ対策にも効果を発揮するぞ。簡単に作れるものばかりだから、料理が苦手な人でも、ぜひ試してほしい。