加齢臭に「ワカメ」が良い理由

加齢臭にワカメが良い理由

今回の相談者は、サラリーマンの修二。51歳。
今、 修二 が知りたいことは、「加齢臭の直し方」について

相談者50代
相談者50代

ニー博士、加齢臭を「簡単に治す」方法ってないんですか?

水に溶ける「ネバネバ」した食物繊維がおススメ

加齢臭を予防するには、「乳酸をためない」ようにする必要がある。

それには、海藻のような「水溶性食物繊維」がおススメなんじゃ。

相談者50代

水溶性食物繊維?

水溶性食物繊維を多く含む食品には、わかめ、昆布、こんにゃく、果物、里いも、大麦、オーツ麦なんかがある。

これらは、ネバネバしているから、胃腸内をゆっくり移動する特徴があるんじゃ。

腹持ちが良くなって、食べすぎを防ぐこともできるぞ。

それと、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるから、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる働きもある。

相談者50代

あの「ネバネバ」がいいんですね。

その他にも、胆汁酸とか、コレステロールを吸着して、体外に排泄したり、大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌を増やしてくれる効果も期待できるんじゃ。

相談者50代

海藻って、普段あまり食べてなかったからな~。

簡単に作れる「加齢臭予防レシピ」を紹介しよう。

ワカメと一緒に梅肉をあえるだけの「ワカメの梅肉和え」じゃ。5分でできるぞ。

梅干しは、アルカリ食品の王様と言われておるが、体内が酸性に傾いている時、弱アルカリ性に戻してくれる。

体臭を予防してくれる食材なんじゃ。

ニー博士の豆知識コーナー

加齢臭に良い「ヌルヌル成分」って?

加齢臭を予防するには、「乳酸をためない」ようにする必要があって、海藻のような「水溶性食物繊維」がおススメなんじゃ。
食物繊維には、水に溶けない「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」がある。

排便がスムーズになる「不溶性食物繊維」

「不溶性食物繊維」は、繊維の多い野菜や玄米、豆類やキノコ類、こんにゃくにもたくさん入っておる。

繊維が腸を刺激するから、排便がスムーズになって、ニオイ物質の滞留時間を短くしてくれる。

ニオイ物質を対外に排出する「水溶性食物繊維」

一方で「水溶性食物繊維」は、ワカメや昆布、めかぶ、モズクなんかのヌルヌルした海藻にたくさん入っておる。

水に溶ける食物繊維なんだが、このヌルヌルが、加齢臭予防におススメなんじゃ。

このヌルヌルの正体は「アルギン酸」とか「フコダイン」と呼ばれる成分で、ニオイ物質を吸着して、便と一緒に体の外に排出してくれるんじゃ。

つまり、腸壁から、ニオイ物質が体内に吸収されるのを防いでくれるんだよ。


【ニー博士開発】敏感肌、アレルギー肌、体臭、ニオイ悩みに応えたい。

市販のデオドラント商品だと刺激が強くて、敏感肌とか肌の弱い人は合わない人が多いんじゃ。

でも、だからと言って、何も対策しないとニオイが気になってしまう。

だから、天然由来成分だけで、肌に優しくて、赤ちゃんでも使えるものを開発したぞ。しかも、開発の依頼が来たのは、なんとボディビルダーなんじゃ。なぜかと言うと、彼らは、普段から筋肉を作るタンパク質を大量に摂取しておる。摂り過ぎると消化されない分が「アンモニア」になって、それがニオイになってしまうんじゃ。

詳しくは、この公式サイトで紹介しておるから、悩んでいる人は一度見てほしい。