お風呂が、ワキガ対策になる理由

ワキガ対策お風呂

今回の相談者は、主婦の令子。48歳。
今、令子が知りたいことは、「お風呂は、ワキガ対策になるか?」について

令子

ニー博士、お風呂に入ると、体臭対策にいいって聞いたんだけど、ほんと?

お風呂に期待できる「効果」

もちろん。

シャワーだけでは汗腺や毛穴が開かないから、汚れをしっかり落とすことができない。

だから、ワキガ対策には、しっかり湯船に浸かることが大切なんじゃ。

湯船に浸かることで、こんな効果が期待できる。


① 脇の汗腺や毛穴を開いて、ワキガの原因物質を取り除く効果


② 体の中の老廃物、毒素を排出する効果


③ ストレス解消効果

令子

デトックス効果があるって聞いてはいたけど、ほんとだったのね。

入浴のポイント①コップ1杯の水を飲む

脇の汗腺は、ワキガの原因になる角質だとか、皮脂が詰まりやすくなっていて、ニオイの原因になる。

湯船に浸かることで、汗腺が開きやすくなって、臭いの原因を取り除くことができるんじゃ。

入浴する時のポイントは2つ


①お風呂の前に、コップ1杯の水を飲む
人間の体は入浴すると、約300~500mlの汗をかくと言われておる。水を飲むことで、汗をかきやすくしたり、血流だとか、代謝をアップさせる効果も期待できるぞ。

令子

毛穴から、たくさん老廃物を出すためにも、水をたくさん飲んで、汗をかいた方がいいってことね。

入浴のポイント②お風呂が先

② お風呂ファースト


普通は、頭や体を先に洗ってから、湯船に浸かると思うが、ワキガを改善・予防するためには、先に湯船に浸かる方が効果的なんじゃ。

そうすると、汗腺や毛穴を開きやすくして、奥に詰まったニオイの原因物質を、取り除きやすくしてくれる。

38度~40度くらいの熱すぎないお湯に、10分~30分ゆっくり浸かった後に、丁寧に体を洗うといいぞ。

令子

だとすると、お風呂に浸かった後は栓を抜いて、浴槽を綺麗にした方がいいわね。

それと、普段、運動をしていない人は、汗をかく機会が少ない。

すると、老廃物だとか、毒素が体から排出するのが難しくなって、ワキガの症状が悪化すると言われておるから、ぜひやってみてほしい。

ニー博士の豆知識コーナー

お風呂で、アポクリン腺から、老廃物を出すコツ

アポクリン腺から出る汗には、いろんなものが混ざっておる。

脂質や糖質、アンモニアやタンパク質といった栄養たっぷりの老廃物が「ドロッと」出てくるんじゃ。

ただ、すぐに毛穴から、ドロッとした汗を出してくれないのがやっかいな点で、時間をかけて体を温めると、じわじわと出てくるんじゃ。

だから、お風呂の温度を38度~40度くらいの低めに設定して、10分~30分くらいゆっくり浸かるのがポイントじゃ。

そうすると、ドロッとした老廃物が出てくるぞ。毛穴に詰まった皮脂だとか、老廃物も一緒に出してくれるから、美容効果も期待できる。

岩盤浴で、アポクリン腺から、老廃物を出すコツ

岩盤浴をする時は、こまめに水分をとって、老廃物をたくさん出す準備をすると効果的なんじゃ。

入浴前、入浴中、入浴後の3回、コップ1杯の水を飲む。そうすると、汗をかきやすくなって、老廃物がどんどん出ていくぞ。

入浴中に、口の中に水を含んでおくのも、汗をたくさんかくコツなんじゃ。

ウォーキングで、アポクリン腺から老廃物を出すコツ

ウォーキングも、お風呂や岩盤浴と同じで、ゆっくり、じっくりがポイントになる。

アポクリン腺は、簡単には老廃物を出してくれないんじゃ。

体が少しずつ温まってきたら、毛穴からじわじわと出てくるから、ジットリと汗をかくまで続けると、効果的だぞ。


【LINE 好評配信中】体臭改善レシピ「和食」

体臭改善レシピ

加齢臭、腋臭、40代臭、50代臭の原因のひとつである「脂質」「タンパク質」「糖質」を抑えた体臭改善レシピを、LINEで配信しておる。

デオドラントではなかなか改善できない「体の内側」にアプローチして、ニオイの原因を元から作らないようにするのが目的なんじゃ。

脂質や糖質を抑えるから、ダイエットやメタボ対策にも効果を発揮するぞ。簡単に作れるものばかりだから、料理が苦手な人でも、ぜひ試してほしい。